サービス三原則

中長期的な支援
新規事業や海外展開の成功率は3分の1以下、且つ黒字化までには数年以上を要するともいわれています。我々は、一過性ではない中長期的な支援を行うことで、成功率の向上と黒字化までの期間短縮を目指します。
日本型経営の重視
中小企業が大切にしている信頼や現場主義、GNN(義理・人情・浪花節)といった価値に重きを置きながら、新規事業や海外展開で直面する壁をお客様と一丸となって乗り越えていきます。
会社と社会を元気に
社員の士気・満足度の向上が特に見込まれる社会貢献度の高い事業を対象とします。それにより、社員のさらなる成長と会社組織の活性化にわずかながらでも貢献できれば望外の喜びです。

事業紹介

所得と価値の向上
東京都の農産物関連企業A社。国内外で培った豊富な農産物生産・流通・販売経験を活かして、東南アジアX国において圃場から店頭に至るまでのバリューチェーンの改善に取り組んでいます。それにより、X国生産者の所得向上と消費者の食の安全の実現に貢献しています。
東日本大震災を乗り越えて
茨城県の農業生産法人C社。「美味しいトマトを届けたい」という愚直な想いの実現のため、大学・研究機関との長年の連携のもと、糖度の高いフルーツトマトの開発・生産に成功。増え続けるお客様に美味しいトマトを提供すべく増産のための設備投資を行った矢先、竜巻により設備が全壊。これに追い打ちをかけるように東日本大震災の原発事故に伴う風評被害も発生し、一時は廃業を決意。しかし、お客様やファンの声に後押しされ、苦境を乗り越え、ついに生産を再開。C社社長の挑戦の炎は消えていなかったのです。